brand-ecosilk
brand-img-prdct-ecobag01

Ecosilk Australiaエコシルク・バッグス社は2001年、オーストラリアのエミリー・ヘイによって設立されたエコバッグのメーカーです。買い物時のプラスチックバッグの使用が増える中で、それに替わるアイテムがなかったことに疑問をもったエミリー。パタンナー、ファッションデザイナーの経歴を生かし、プラスチックバッグの基本デザインそのままのパラシュートシルク製のバッグをデザインしたのが始まりです。発案から2年の試行錯誤を経て現在の形が誕生しました。

豊富なカラー展開や洗濯機でそのまま洗える手軽さ、何年も使える丈夫さでオーストラリア国内では人気のエコバッグです。
生産は現在、エミリーが長年かけて探した中国の製法工場で行われています。
生産拠点をオーストラリアから中国に移す時に、仕事のクオリティの高さと同じくらいに職場環境や労働条件にこだわったエミリー。
同社の工場では中国のカレンダー通りの休みが与えられ、残業の強要や児童労働もなく、賃金もフェアに支払われています。
スーパーの袋そのままの手提げタイプと、肩からかけられるアルファバッグの2タイプをroom4ではご用意しています。
エコやエシカル、サステナビリティという言葉は知っているけれど、自分の生活にどうやって取り入れたらいいのかわからない、という方は、まずエコバッグを1ついつも使うバッグに常に入れて、お買い物の時にご活用いただくのはいかがでしょうか。

Ecosilk bags were created in 1999 by Emily Hay, who was dismayed with the widespread acceptance of plastic bag use in society, and the lack of a viable alternative.

As a pattern-maker/fashion designer, she developed the basic design of a plastic bag, using a durable nylon fabric called parachute silk. After trialling the bags for two years and finding them to be ideal in every way, Emily started the business – Ecosilk Bags – in February 2001, with some initial help from a friend.

Declaration by Emily: Upon deciding to move the manufacturing to China, I was determined to find a company that had a high standard of workmanship, but equally important – also treated their workers fairly and ethically. These issues were far more important to me than a low price.

I asked many questions and requested photos of the working environments of the many manufacturers who wished to make the bags, and was satisfied with the one I chose.

They are amongst those eco bags that Australian shoppers love because of the durability and easy-to-care nature (simply chuck them in the washing machine) and its vast colour variation.

We have Ecosilk bags with similar design to supermarket plastic bags with shorter handles and Alpha bags, large over-the-shoulder bags.